イタリア通信Vol.4 ミラノ・サローネ | ウエディングドレス|MAISON DE BLANCHE – メゾン ド ブランシュ / 銀座

イタリア通信Vol.4 ミラノ・サローネ

2013年5月10日


皆様こんにちは。ミラノオフィスからお届けするイタリア通信、今回第4号は世界最大の国際家具見本市「ミラノ・サローネ」をテーマにお送り致します。

italy4_1

今年で50周年を迎えたミラノ・サローネ、4月12日より開幕されましたが約33万人のビジターを集め今年も大変なにぎわいを見せました。

italy4_2

ミラノ・サローネはミラノ郊外の巨大展示会場で行われますが、この期間中はミラノ市内でも400近いイベントや展示が催され町中がデザインとアートに染まります。もともと家具やインテリアの見本市として始まったサローネですが年々と重要度が高まり、今では世界各国のファションメーカーから自動車、電機メーカーなどの様々な分野からの参加もあり「デザインのオリンピック」と称される総合的なデザインの見本市となりました。

italy4_3

今年は照明の年ということで照明見本市は4つのパビリオンで開催。LED照明や有機EL照明などが主流となり新時代の光の空間を様々に演出し、注目の場となりました。大きなクリスタルを組み合わせた豪華絢爛なスワロフスキーのシャンデリアや有機EL照明パネルによって満開の夜桜をイメージした空間など、様々な光が会場を埋め尽くしました。

italy4_4

そしてメイン会場で開かれる人気のサテリテ(世界中の若手デザイナーの出展のスペース)。今年も沢山の日本人デザイナーの参加が見られ、自由な発想でつくられたユーモラスな作品の数々が来場者を楽しませました。ここで受賞をし企業と契約をした若手デザイナーは世界を舞台に羽ばたいてゆきます。

皆様も是非、機会がありましたらミラノ・サローネを体験して最先端のデザインやテクノロジー、美しいライフスタイルを御堪能くださいませ。

italy4_5

» INFORMATION一覧